facebookページ

匠のこだわり

  • 安心の建築素材
  • 完全自由設計
  • 高耐久構造
  • 地産地消の家造り
  • 充実のフル装備

完全自由設計

耐震工法・制震装置+完全自由設計

taishin3

耐震工法+制震装置で 住まいの強度と安心感が向上します。

地震の揺れを効果的に吸収することにより、住まいの全体を柔軟に守ります。大切なお住まいと家族を守るために、自身に対する安全性能を真剣に考え、東洋ハウス独自のシンプルな構造のオイルダンパーを設置することにより、地震時に自身の振動を吸収するだけでなく、繰り返し発生する余震にも効果的に揺れのエネルギーを吸収し、お住まいのダメージを最小限に抑えます。

taishin4

設計の自由度No.1の木造軸組工法

木造軸組工法

木造軸組工法を採用する2つのメリット

kanzen5
kanzen6
kanzen7
kanzen8

1.デザインの自由度が高い

木造軸組工法は設計の自由度が高いのが何よりの特徴です。
木造軸構造では、基礎の上に土台を置き、柱を立て、梁をかけて家の骨組みを作ります。

ツーバイフォー(2X4)工法のように壁で支える工法ではないため、壁の位置や窓の大きさなデザインの自由度が高いのが大きな特徴です。

また、木造軸構造はお客様の要望や敷地の条件に応じた最適のプランを実現できます。間取り変更も比較的容易なため、家族のライフスタイルに応じたリフォーム・増改築にも柔軟に対応できます。

2.木が持つぬくもり、やさしさ

木には優しさやぬくもりがあるとともに、鉄やコンクリートよりも強いという性質を持っています。 木材が持つさまざまな能力が統合され、木の家の快適さを生み出します。

・外気の温度変化を和らげる断熱性
・衝突の衝撃を和らげるクッション性
・光や音を適度に吸収する反射抑制効果
・気分をリフレッシュさせるアロマ効果
・温度をコントロールする調湿効果

個性を活かし自由に演出できる外観

kanzen10

総タイル張り

品質と質感、洗練された色合いを合わせ持つ高級外壁です。吸水性、強度、耐震性など高い品質をクリアした安心施工。美しさが引き立ちます。

プレセットタイル

grayshaddow

kanzen11

入母屋造り

重厚で格式高い日本建築。かつては寺社の屋根に用いられ、風雨から建物を守る伝統ある上等な造りです。日本人の原風景で、心を暖かくしてくれます。

grayshaddow

kanzen12

数寄屋造り

「茶人」利休によって完成された日本文化が誇る建築様式。風流な感性を持ちながらも現代風にアレンジできます。豊かな居住空間を楽しみたい造りです。

grayshaddow

kanzen13

ALC施工

体に優しい無機質の素材。耐火性、耐震性は、他の材質をしのぐ強度を持ち合わせています。
土壁なみに湿気を調整し、結露対策にも効果があります。

パワーボード

grayshaddow

kanzen16

一般サイディング

石綿セメント板を基礎的な材料としたサイディング・ボードを使った不燃外壁材。
軽くて丈夫で経済的なのが大きな特長です。表面アクリル、16mm金具工法で施工するため、仕上がりは美しく耐久性にも優れており、日本の住宅において最も多く用いられています。

grayshaddow

kanzen17

モルタル塗り

セメント、混和材、水からできているセメントモルタルと消石灰、川砂、水から作られる石灰モルタルがあり、セメントモルタルには、混和材に川砂を使った川砂モルタルや軽量モルタルなどもあります。軽くて耐震性、防火性に優れているのが大きな特長です。

grayshaddow